都筑区で親の葬儀の喪主を務めるメリットとデメリット

都筑区で親の葬儀の喪主を務めるメリットとデメリット

都筑区で親の葬儀の喪主を務めると、後継ぎとして見てもらえる、褒められるなどのメリットが期待できます。喪主を務めるのは主に長男か長女が多いですが、その際は親族達に後継ぎとして認識してもらえるはずです。深くお辞儀をしたり業者と協議している場で、率先して意見を述べていると、頼りになると見てもらうことができます。また、喪主は面倒な役回りなことから、近所の人達からは褒めてもらうことができます。代わってほしいと冗談を言うと、地域の人との話のネタになります。
デメリットはスピーチをしなければいけない、精進落としの席で始まりと終わりの合図をするなどです。喪主は告別式をする時に必ず何かを述べる必要があります。ただ、それほど緊張する必要はなく、子供の頃から大人までの時期の話をすれば大丈夫です。また、精進落としの際は、本日はご苦労様でしたなどのコメントを言う必要があります。苦手かもしれないですが、無事に成し遂げれば評価が上がるので頑張る甲斐はあります。

Comments are closed.