葬式の礼装とは

葬式の礼装とは

以前は遺族や親族などは弔辞でも正式礼装を着用するのが基本だったのですが、近年は男性の場合、略礼装のブラックスーツを着て通夜や葬儀、告別式に参列することが多くなっています。また、女性は通夜に洋装の正式礼装を着用し、葬式と告別式では和装の正式礼装に着替えることが一般的です。しかし、最近では葬式や告別式でも洋装にする人が多いです。和装と洋装に格の上下などはありませんし、好みで選んでも良いでしょう。男性の場合はシングルかダブルのブラックスーツでシャツは白無地、ネクタイは黒無地のものを選ぶ必要があります。派手なアクセサリーや時計、ネクタイピンなどはつけないようにしましょう。女性の洋装の場合、髪の毛はすっきりとまとめてシンプルな髪飾りを選ぶことがポイントです。正式礼装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーを控えることも大切であり、化粧も派手になりすぎないようにしましょう。上着は長袖でスカートの丈は長めにすることも大切であり、柄やラメなどの入っているタイツは好ましくありません。和装の場合もアクセサリーは結婚指輪以外はつけない方が良いですし、時計も外しておきましょう。

Comments are closed.