葬式に参列する際の服装。

葬式に参列する際の服装。

知人や友人、親族の葬式に参列する際には、必ず喪服に着替えていく必要があります。喪服には喪に服すという意味合いがあり、悲しみを表すことでもありますので、喪服の用意は事前にしておくことが大切です。急な葬式の参加でも慌てないように、職場のロッカーに置いておくと良いのではないでしょうか。
男性の場合は、黒のスーツに黒のネクタイ、白いワイシャツが基本です。女性は黒いスーツやワンピースとなります。セットで喪服として販売されていますので、そういったものを購入すると間違いないでしょう。ネックレスを付ける場合は、パールのネックレスの一連のものを選びましょう。二連のものは禁止されていますので、付けてはいけません。
子供は洋服に関して決められていることはありませんが、制服を着る事が出来る年齢になっていたら、制服を着用します。まだ幼稚園前の小さな子供の場合は、なるべく落ち着いた色合いのものを選ぶと良いでしょう。
大人も子供も、清潔感のある服装で参列することが大切です。

Comments are closed.