葬式は変化してきたが

葬式は変化してきたが

葬式といえばこれまでは地域の中でお互い様の精神を持ってみんなの力を合わせて行ってきました。それぞれの小さな組み分けの中で長老のような人が今日の葬儀委員長のような役をしていました。それは家族が亡くなったというより、地域全体の悲しみとして受け止められてきたのです。しかし、今日の忙しい時代になったことや、家族構成が以前のように何世代もが1つ屋根の下で暮らすような大家族が本当にすくなくなり、核家族化が進み、その上、少子高齢化社会となって以前のような地域社会でお互いに助け合うような葬式ができなくなってきました。それにつれて、地域社会がしてきた役割をするのが専門の会社となってきました。そして、これまで行われてきた誰もが似たような葬式というのではなく、故人や家族が望むような葬式をして送るようになってきました。それには現代社会の合理的を好む風潮と重なってより簡素化される場合もあります。しかし、形は変わっても故人を思う気持ちは今も昔も同じです。

Comments are closed.