亡き人の意思を反映した葬式

亡き人の意思を反映した葬式

人が亡くなるのは急であることも多いので、どうしても葬式は葬儀社任せになってしまいがちです。そうなるとお仕着せの士気になってしまい、気持ちが入りにくいという事があるでしょう。高齢の場合や長い病の後に亡くなる場合など、自ら死んだ後のことを考える時間がある場合は、どういった形の士気にしてほしいのか、本人の希望を伝えられることもあるはずです。できるだけその石を生かした葬式にできるよう準備をしてあげたいものです。日常的に話していることや遺言などを参考に、その人のことを思い出せるすてきなイベントにしてみましょう。自分の亡き後の葬式について希望を伝えたいのであれば、エンディングノートなどを使って遺志を残していくようにするとよいでしょう。また、身近な人に希望を話しておくようにすると対応してもらいやすくなります。最後のお別れの場面ですから、その人をしのべる形にしていくことが大きな意味のあることといえるでしょう。

Comments are closed.