柔軟な発想が葬儀においても求められる

柔軟な発想が葬儀においても求められる

利用する方々の期待を裏切らないように配慮することが、サービスを提供する企業に求められます。現実的に、このような考え方で業務を実行できている企業が現代社会を生き残り、しかもかなりの利益を出している様子が数多くうかがえます。葬儀においては特別な状況であるため、私たちから企業に求めることも大きく変化しがちです。セレモニーに参加される方々の心情を察すると、時にはサービスであったとしてもそれを実行せずにとどめておくことも選択としては必要になります。それは、その状況がどのようなことになっているのかを、こちらが見極めておかなければ適切な判断はできなくなります。もしもその判断を誤ってしまえば参加者の気持ちを害することになり、それ以降のお付き合いができなくなってしまう結果にもなります。このように、顧客に対するサービスとはかなり難しいものであることが分かります。状況に応じて提供する内容を考える柔軟性が、企業には求められています。

Comments are closed.